卵子提供の前に大切なカウンセリングや検査について

子供ができて生まれてきたときの対応

夫婦生活をしているのになかなか子供ができないとき、いろいろな妊活に励みます。最近は男女で取り組むものもあり、そのころはまだ楽しみながらできます。しかしそれでもできなければ医療機関で不妊治療を受けます。この時に事前に検査を受け、夫婦の体に問題が無いかチェックされますが、卵子に問題がある時にはそのままは不妊治療は行えません。今は卵子提供プログラムがあり、それにより子供が授かれる可能性があります。このプログラム前には必ずカウンセリングを受ける必要があり、それによって心の準備を整えられるようになります。子供ができてうれしいで終わるのではなく、生まれてくる子供への対応などいろいろな話を聞けます。気持ちが固まればプログラムに参加をしていきます。

一定の状態と診断されるとプログラムが利用可能

子供ができない理由にはいろいろあり、女性側の問題、男性側の問題、両者の問題があります。男性側だと無精子症などになるでしょうが、女性側にはいくつかの問題があります。卵子の問題や子宮の問題、それ以外の問題などです。卵子に問題があるだけだと卵子提供プログラムの利用ができるかもしれません。他人から卵子の提供を受け、男性の精子と体外受精をしてその受精卵を女性に着床させて妊娠を試みます。誰でも受けられるわけではなく、検査を受けてその方法でしか子供ができないときのみ利用が可能になります。利用を前提とした検査を受けると、その検査を元に倫理委員会からの認可を受けます。最終的に認可を受けられれば、卵子提供のプログラムの利用が可能になります。