日本人の受け入れ実績のある海外の病院で卵子提供を受けるには

成功例の多い海外の病院を探そう

日本人が海外の病院で卵子提供を受ける場合には、治療を主に担当する医師の経歴や、医療機関内の設備の充実度に注目をしてみましょう。また、卵子提供の成功例の多い海外の病院においては、日本人だけでなく様々な国や地域からの患者の受け入れを行っているところもあり、予約をとってから渡航スケジュールを考える必要があります。また、卵子提供を受けることのできる患者の年齢や健康状態については、受け入れ先の病院の方針に左右されるため、時には現地の病院との橋渡しをしてくれるエージェントにお世話になることがおすすめです。NPOなどの非営利のエージェントの中には、渡航費用や治療期間について具体的なアドバイスをしてくれるところも多く、初めての人でも病院選びをスムーズに行うことができます。

卵子提供のための治療を受ける前に知っておきたいこと

卵子提供は、人工授精や体外受精などの従来の不妊治療の効果が得られない人にとって、画期的な方法の一つとして注目が集まっています。現在のところ、卵子提供を受けられる日本国内の病院は極めて少ないことから、医療環境が整っている先進国の病院で治療を希望する人が多くいます。卵子提供のために掛かる費用は、治療方法や期間などによりますが、原則として保険が効ないため、自己資金として数百万円以上の用意が必要となるケースも珍しくありません。また、卵子提供をスムーズに行うために、卵巣や子宮の働きによって事前に専門的な治療が行われることもあります。そこで、実績のある病院のホームページなどをもとに、具体的な卵子提供の流れについて渡航前に理解を深めましょう。