卵子提供のサポートの内容にこだわって病院を選ぼう

卵子提供のための医療設備がしっかりとしている病院の特徴

卵子提供のためには高度な医療設備や優秀なスタッフが必要とされるため、過去に多くの成功例のある病院の特徴をきちんと把握することが大事です。特に、卵子提供に際しての不安を解消するためには、メールや電話などで担当の医師や看護師などに相談ができる海外の病院を優先的に探すと良いでしょう。また、卵子提供を受ける患者へのサポートの内容については、各病院の診療方針に大きく左右されます。そのため、病院選びに迷っている場合には、国内外で卵子提供を希望する夫婦を対象としたサポートを専門に行っている団体に問い合わせをして、評判の良い病院を仲介してもらうことがおすすめです。その他、実際に海外の病院での卵子提供を経て妊娠をした女性の体験談をチェックしておきましょう。

卵子提供の前に確認しておきたいポイント

卵子提供を海外の病院で受けるためには、準備期間を含めて半年から一年ほどの時間が掛かります。そこで、各病院の不妊治療中の夫婦を対象としたウェブサイトなどに目を通しながら、専門的な治療のための資金の集め方や、入院先の選び方などをしっかりと理解することが大切です。また、海外の病院によっては、40歳を超える患者の受け入れに慎重なところも多いため、必要な治療ができる病院を選ぶにあたり、仕事や家事の合間を縫って、実績のある病院の卵子提供の条件を比較してみましょう。その他、卵子提供の費用を最小限に抑えたい場合には、モニターの募集を行っている海外の病院を探したり、公的なサポートの有無について調べたりすることが大切です。